ユーロドルはヘッドアンドショルダー、米ドル円は110円突破

ユーロドルがヘッドアンドショルダーの成立間近です。

米ドル円はこれまでのレンジを抜けて110円を突破してきました。

これまでレンジ相場が続いていた両通貨ペアですが、トレンドに発展していくのでしょうか。

2020年1月13日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル日足チャート

2020年1月18日ユーロドル日足チャート

先週の考察とは違う形ですが、ヘッドアンドショルダーが成立間近です。
ほぼ考察通りの動き方をしてくれたので、私にとってはやりやすい相場環境の一週間でした。

1.1180付近まで上昇してから1.1080付近まで、約100PIPSほどの下降をしていきました。
来週はチャート形状的にも勢い的にも、下方向メインで考えていきたいと思います。

取引終了時のレートは、右ショルダーのスタート地点が作った安値1.1080付近です。
このまますんなりネックラインを下抜くのか、それとも反発上昇するのか。

来週の初めはこの見極めから始めていきたいと思います。

反発上昇するようなら戻り売りのチャンス待ちになりそうです。
1.1150を上抜いたら、売りトレードは見送ろうと思います。

1.1080を下抜いてきたら次の安値は、左ショルダー完成時の作るネックラインとなる1.1065です。
次はこの付近での動き方次第でトレード戦略は変わります。

けっこう小刻みに安値が切り上がっていましたので、ここから下はチェックポイントとなるレートが多くなります。

水平ライン近くでの動きを確認しながらの戻り売りメイン。
来週のユーロドルトレードはこう考えています。

米ドル円日足チャート

2020年1月18日米ドル円日足チャート

109.70付近のレジスタンスラインを突破して、ついに110.00も上に抜けて取引終了しました。
レンジ相場が続く想定が第一シナリオでしたが、完全に外れてしまいました。

このまま上昇トレンドにまで発展していくのかどうか。

次の高値は週足では上ヒゲの陰線で、そのヒゲ先のレート110.665が高値です。
上値の重さもありますので、この付近で一度下方向に向かうと想定しています。

110.665までは約50PIPSあります。
日足ベースでのトレードなら、4時間足での明確な押し目を待ちたいところです。

米ドル円4時間足チャート

2020年1月18日米ドル円4時間足チャート

取引終了前直前までのチャート形状は、少しずつ下降していてフラッグになりそうな動きです。
このフラッグが押し目になってくれると、フラッグブレイクでの買いエントリーも狙えそうです。

だましもあり得る上値の重さですので、110.00を下抜いたら損切り条件で狙ってみたいと思います。

今後のトレード方針

基本的にはドル買いをメインに考えています。

米ドル円に関しては上値の重さとファンダメンタルズを考えて、小刻みに利確していくのを前提の買いトレードで考えています。

どちらの通貨ペアとも本格的なトレンドになるまでは、小刻みにいきたいと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました