一週間のトレード成果(2018年9月3日~8日)

トレード

9月3日から一週間のトレード検証

プラス46PIPS

マイナス25PIPS

トータル

プラス21PIPS

ドル円60分足チャート

ドル円は今週もまた111.00から上に離れようが下に離れようが最後は111.00に帰ってくるという相場展開だった。だいぶ前から同じ事を書いている気がする。

112.00に到達するかと思われた週前半だったが111.80付近から100PIPS以上の下落。そこから再び強く上昇を始め111.20付近まで盛り返したが米雇用統計の結果、下方向に転換。下に一気に抜けていくのかと思われたら数十分後には111.00に戻ってくるという流れ。

今更ながら111.00を中心のレンジと決めつけてトレードしていれば良かったと後悔している。

ユーロ円は下向き方向へのトレードメインで正解だったようだ。ただユーロ円でのトレード回数が少なすぎたのと、戻りを試している途中でショートでエントリーしてしまい損失をだしてしまったのが思ったように利益を伸ばせなかった要因だろう。

ドル円は111.00を中心にレンジ相場の考えをそのままに、ユーロ円は日足で高値安値の切り下げが起きてきたので基本下方向へのトレードでこの先はいってみようと思う。

コメント

スポンサーリンク