今週のユーロドルは下、米ドル円は上、来週はFOMC、どうなる?

ユーロドルは下方向へのブレイク。戻りを待ちましたがまだ来ていません。
米ドル円は上方向に伸びていき、完全に狙いとは違ってしまいました。

来週は注目のFOMCがあります。どう動いていくのでしょうか・・・

スポンサーリンク

2019年7月22日から一週間のFX相場私的考察

ユーロドル日足チャート

2019年7月27日ユーロドル日足チャート

1.120を下方向へブレイクして1.110までスルスルと下降していきました。

木曜日にECBの政策金利発表や総裁発言で上下に大きく動きましたが、基本的には下方向の目線で問題ないと思います。
ですが日足では明確な戻りは作っていないと考えています。

1時間足でみるとECB関連で上下した時に、戻りと考えてもいい上昇が作られました。
ただその後ははっきりとした下降ではなく、ダラダラッとした印象です。

1.110が堅い印象です。

米ドル円日足チャート

2019年7月27日米ドル円日足チャート

こちらは上昇した一週間となりました。
下方向と考えていたので損切りに掛かってしまいました。

先週までとは高値安値の見方を少し変更しました。
その為現状では上昇の勢いは強いものの、直近高値は更新していないという認識です。

ですのでダウもまだ完全とは言えない状況です。
短期足では上方向への目線でも、上ヒゲで戻される形のローソク足も見られ始めています。

日足では直近高値を更新するまでは、下方向への目線で考えていきます。

今後のトレード方針

週明けにはFOMCが控えています。
利下げが本当にあるのか、その後の発言等にも要注意になります。

来週はFOMC終了待ちです。FOMC次第でトレード方針を決めていきます。
それまではじっと様子見。

コメント

スポンサーリンク