少しづつ上昇中の米ドル円のFXトレードチャンスは何時になるのか

米ドル円は少しずつですが上昇しています。上昇のトレンドラインも効いているように見えます。このまま111.00を上抜けていくのでしょうか、それとも叩かれて下降するのでしょうか。

スポンサーリンク

米ドル円4時間足チャート

2019年2月20日ドル円4時間足チャート

日足を見てみると下降のフラッグのような形に見えてきます。それでもまだ上昇のダウは維持されていますので上方向に動いていくと思います。

4時間足では上昇はしていますが勢いは落ちてきているようです。陰線の長さが陽線と同じくらいになってきました。111.00が近づくにつれて上昇も少しづつになってきています。

1時間足では陽線と陰線の本数がほぼ同じになってきています。長い陽線で上昇してはいますが陰線もだんだん長くなってきています。

111.00近辺でどう動いていくのか見極めが必要な展開に感じます。週足では114.50から107.50(あるいは104.50)のレンジ相場としてみると、現在のレートはおおよそ中心の位置にあります。

長期足でみると上でも下でもどちらに向かってもおかしくない状況です。

111・00で上値を抑えられれば戻り売りのタイミングを待ち、ある程度上に抜けていったら押し目買いのタイミングを待つ。

これが一番無難な戦略かと思われます。個人的にはもう少し上方向に伸びてくれることを願ってはいるのですが、相場は一個人の願いなど聞いてはくれません。

直近で一度上値を抑えられている111.00は少し手強いような感じです。どうしても米ドル円でトレードしたいという方は、5分足では20PIPSくらいの範囲で上下に波を作りながら動きがありますのでスキャルピングもありでしょう。

私は自信がないのでやらないと思います。

コメント

スポンサーリンク