FXのトレードはエントリールールを守る事が重要

エントリーする時に注意している事。

焦らないで待つこと。
自分で作ったエントリールールにハマるポイントまでジッと待つこと。

FXを始めたばかりの方に向けて、私が勉強してきたことを記事にしています。
今後のFXのトレードの参考になれば幸いです。

エントリールールを守ったトレードのすすめ

ポジションを持っていない時間は、ポジポジ病の私にはかなりの忍耐がいります。

チャートを見てエントリーすることができる時間が限られているため、いざチャートを前にするとエントリーしないと勿体ないと思ってしまう悪いクセがあります。

まぁ、たまに上手くいくこともありますが、見切り発車のエントリーは大概失敗に終わります

その失敗を取り戻すために、更に早めのエントリーを繰り返しては損失を重ねていく。

トレードに負けて損失を出すことは避けられない事なのですが、ルールを守った損失と守らなかった損失ではダメージが違ってきます

エントリールールを守った場合の負け

一回二回続けて負けても最終的にトータルでプラスになれば、自分の作ったエントリールールに自信も持ててきます。

あまりにも負けが続いた場合には、相場環境と合っているエントリールールなのか。
それともルールそのものを見直さなければいけないのか、しっかり検証することができます

エントリールールを破った場合の負け

ただの負けで終ります

検証する材料も何も生み出してくれません

だからこそ、エントリーする時にはしっかりとチャートを見極めて、エントリールールにハマるまで待つことが大事になってきます。

勝つためだけではなくその後の検証のためにも、何時も決まったエントリールールのもとでトレードすることが必要になります。

負けが続いた時

もしも負けが続いてエントリールールを守る事も疎かになってしまうようならば、思い切ってトレードを休むことも必要です。

どれくらい休めば冷静さを取り戻せるのかは人それぞれ違うでしょうが、一度トレードから離れてみることもアリだと思います。

私の場合は思い切ってチャートを一切見ないことにしています。

負けが込んできている時にチャートを見てしまうと、ポジポジ病が発症してしまいますので・・・

ただ休んでいる間もFXの勉強だけはしています

いろいろな方のブログを見たり、自分の過去のトレードの検証をしてみたり、本を読んだりしています。

そして気分転換を済ませてから、改めてトレードを再開します。

まとめ

エントリールールは、人それぞれ色々だと思います。

私はエントリールールの正解は一つではないと思っています。

ただしエントリールールを守ることが大事なのは、全員に共通している事だと思っています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました