ユーロ円

トレード

重要な経済指標の発表が続きユーロ買いが強くなりました

ECBとBOE、そして米雇用統計と重要な経済指標発表が続きました。結果的にユーロドルとユーロ円は大きく上昇。ユーロ買いが強くなった印象です。
トレード

3月利上げはほぼ確実?米ドル買いがさらに強くなってます

FOMC後は3月利上げが確実な見通しで、米ドル買いがさらに強くなりました。ユーロドル・ポンドドルは落ち、米ドル円は上昇気配が強くなってます。
トレード

リスクオフの円買いが強まりドル円クロス円は下降が強くなりました

日米とも株価が下落しています。利上げに動くポンドも弱くなった印象。リスクオフが強まり、ドル買いよりも円買いの方が強くなってます。
トレード

押し目なのかトレンド転換か?米ドル円は下降が強くなりました

オミクロン株感染拡大が考慮されたのか、リスクオフの円買いが強くなりました。金融政策で見れば米ドル買い・円売りな状況。ですが米ドル円は大きく落ちています。
トレード

今年の為替相場の始まりは米ドル円が116円台まで上昇しました

リスクオンの円売りが強くなりました。米ドル円は116円まで上昇。米ドルも弱くなり、ユーロドルとポンドドルは上昇強めの一週間でした。
トレード

昨年末の米ドル円とユーロ円は上昇、円売りの流れが年明けも続くのか

米ドル円とユーロ円は上昇しています。円売りが強くなって昨年の取引は終了。この流れが今年も続くのでしょうか。
トレード

2021年の振り返りと2022年のFX相場私的考察

あけましておめでとうございます。2021年は東京オリンピックという大きなイベントがありました。しかし為替相場を動かしたのは、2020年に引き続き新型コロナウイルスだったと思います。昨年の振り返りと今後の相場の長期考察をしてみました。
トレード

オミクロン株リスクの後退でリスクオンの円売りが進んだ一週間でした

オミクロン株リスクの後退で先行き不透明感が和らぎ、リスクオンの円売りが進んだ一週間でした。クリスマスウィークにしては動いた印象です。利上げの影響かポンドも強くなっている感じです。
トレード

各国で政策金利発表があったなかサプライズだったのは英国の利上げ

多くの国で政策金利発表があった一週間でした。サプライズがあったのは英国の利上げ。注目のFOMCでしたが大きなサプライズはなし。それでも相場は米ドル高方向に動いてます。
トレード

動きが小さくなってきましたが今年最後のFOMCで急変動あるか?

オミクロン株警戒のリスクオフが続いてましたが、週末にかけて少し和らいだ印象も受けます。ユーロドルや米ドル円はボラが小さくなってきました。いよいよ今年最後のFOMCです。
タイトルとURLをコピーしました