ユーロドルが下降し続けているなか、米ドル円は高値切り下げか?

ユーロが弱い相場環境が続いています。

ユーロドルの下降は勢い良くて、週足の直近最安値も更新していきました。
それでも米ドルが強い訳ではなさそうで、米ドル円は高値を切り下げそうな雰囲気です。

この下降の勢いはいつまで続くのでしょうか。

2020年2月10日から一週間のFX相場私的考察

特に考えることもなく、ユーロドルの売り一辺倒でOKだった一週間でした。

米ドル円は横方向といえそうです。
ユーロドルでのドル買いの勢いは、ドル円には影響していないようです。

ユーロドル日足チャート

2020年2月15日ユーロドル日足チャート

大きく下降してきました。
直近安値を更新して、1.0828近辺まで下降してきました。

下降トレンドが形成されています。
次の直近安値は、何年も前の1.0570近辺です。

そこまでの下降も考えておく必要がありそうです。
それくらいユーロが弱い状況です。

4時間足や1時間足では、戻りやフラッグを作りながら下降しています。
エントリーポイントは見つけやすかったと思います。

日足はここまで一直線に落ちてます。
そろそろ何かしらのチャートパターンが欲しいところです。

日足で安値切り上げでも無い限りは、下方向優勢で考えています。
余計なことは考えずに、4時間足以下での戻り売りトレードでいく予定です。

米ドル円日足チャート

2020年2月15日米ドル円日足チャート

米ドル円は大きな動きではありませんでした。

米ドルが強い相場環境なのですが、米ドル円の上値は重たい状況です。
110.00を超えると叩かれて下降していきます。

ただ109.50近辺まで落ちてくると、買いが入ってきて上昇し始める。
結局、横方向に動いているような状況です。

仮に上方向に動いたとしても、一気の上昇はなさそうな雰囲気です。
直近最高値の110.277を超えたとしても、また叩かれそうな感じです。

このまま下方向に動くなら、直近高値を切り下げそうです。
これだけ上値が重たいと、そろそろ下方向も頭に入れておきたいところ。

米ドル円はトレードするなら、1時間足で明確なダウが形成されてから。

今はどっちに動くのか見極める段階だと思います。

今後のトレード方針

しばらくはユーロ売りがトレードのメインになりそうです。
ユーロ円の売りも考えてみたいと思います。

米ドル円は明確なダウの形成待ちです。

ファンダメンタルズ要因では、いまだ新型コロナウイルス沈静化のメドは立ちそうにありません。

むしろ拡大傾向にありますので、急な相場環境の変化にも相変わらずの注意が必要です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました