トレード

ユーロドルは金曜日に急騰、米ドル円はほとんど動かずでした。

ユーロドルも米ドル円もほとんど動かない相場環境でした。クリスマス休暇があけた週末にはユーロドルは動きを見せたのですが、米ドル円は動かない状況が続きました。いよいよ今年も終わります。今後のトレード方針について考えてみました。
トレード

ユーロドルはレンジ相場、米ドル円はフラッグ形成中

ユーロドルが下方向に、米ドル円は横方向に。米ドルと円は買われてユーロが売られての一週間でした。先週はユーロが買われていましたので、やはりレンジ相場が続いているようです。もうすぐクリスマス。FX相場もそろそろ閑散としてくる時期です。
トレード

FOMC,ECB理事会,英国総選挙がFX相場に与えた影響は?

FOMC、ECB理事会、英国の総選挙とイベントが続いた一週間でした。ポンド高につられてユーロも買われユーロドルが上昇。米ドル円もユーロ円の上昇につられて上方向に。ですが取引終了前には利益確定が入り長い上ヒゲで今週の取引が終了しています。
FXの考え方

FXの相場環境の転換点で優位性のあるエントリーポイント探し

トレンド相場もレンジ相場もいつかは終わります。このトレンド相場からレンジ相場、或いはレンジ相場からトレンド相場への転換点をとらえる事が出来れば大きく利益を狙う事ができます。なかなか難しそうですが、見つけ出す方法がない訳ではありません。
トレード

米雇用統計は良好でユーロドルは下降、米ドル円は行って来い

米雇用統計はかなり良好な結果になりました。そのため米ドル買いが強くなってユーロドルは下降していきました。米ドル円は上昇するようにみえましたが、上昇分をきっちり下げ戻して何もなかったような状況になりました。来週以降の相場考察です。
FXの考え方

マルチタイムフレーム分析で相場環境認識とトレード根拠の確認

マルチタイムフレーム分析とは複数の時間足を分析して相場環境やエントリーポイントを見つけ出す方法です。FXで裁量トレードをしている人はマルチタイムフレーム分析で相場環境認識をしています。このマルチタイムフレーム分析についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました