プラス

トレード

米雇用統計後は若干下方向のユーロドル。この後はECB政策金利発表

英国議会の動きや米雇用統計などがあった一週間でした。ユーロドルはそれなりに動きましたが、米ドル円は思ったほど動かなかった印象です。来週も引き続きブレグジット絡みでいろいろありそうです。ECBの政策金利発表もあります。更なる緩和策を打ち出してくるのでしょうか。
トレード

来週はG20他情勢次第。決め手のなかった今週のユーロドルと米ドル円

私的には今週はあまり動きのない一週間でした。トレードチャンスもなしでした。来週の考察にしても週末のG20次第のところもあります。何もない時は何もしない。これもルールの一つです。
トレード

下値の堅かったユーロドルの来週はどっち|一週間のトレード成果

今週は下向きの流れがでていたユーロドル。一度は1.120を下抜いてきましたが、週の終わりには1.1215近辺まで戻しています。なかなか1.120は堅いようです。
トレード

ユーロドルは更に下方向に伸びるのか?|一週間のトレード成果

EU圏の経済不安のせいでしょうかユーロが弱い一週間になりました。米ドルが強くなっている訳ではないのですが、ユーロドルは売りで下方向に伸びていきました。
トレード

112まで上昇の米ドル円の今後の想定|一週間のトレード成果

111.00をなかなか超えることのできなかった米ドル円ですが、いざ超えていくと112.00まで一気に上昇していきました。この上昇はどこまで続くのでしょうか。
トレード

米ドル円とユーロドルはチャンスまで我慢|一週間のトレード成果

米ドル円もユーロドルもあまり動きのなかった一週間だったように思います。私はこの二つの通貨ペアでトレードするのが基本になっています。理由は突発的な動きが比較的に少ないからです。
トレード

明日以降のユーロドルと米ドル円の希望的考察|一週間のトレード成果

ユーロドルは1時間足では戻りを作ってくれたのですが、4時間足では目立った戻りを作らずに下降しています。日足では5日連続の陰線です。もう少しで1.130というところで週を終わりました。
トレード

ECBで動いたユーロドルの今後はどうなる?|一週間のトレード成果

週の始まりはいまいち方向感がつかめなかったユーロドルですが、週の後半に上下に激しく動きました。ECBの政策金利発表と総裁会見というイベントがあったからなのですが、その前後の経済指標発表でも大きな反応を見せていましたし、米国の国内情勢に関してもそこそこの動きがありました。
タイトルとURLをコピーしました