トレード

2019年の相場環境の確認とFXトレード成果を振り返ってみました

新年あけましておめでとうございます。為替相場は早くも明日から取引が始まります。まずは昨年の相場環境の確認と、FXトレード成果の振り返りをしてみました。
トレード

米雇用統計は良好でユーロドルは下降、米ドル円は行って来い

米雇用統計はかなり良好な結果になりました。そのため米ドル買いが強くなってユーロドルは下降していきました。米ドル円は上昇するようにみえましたが、上昇分をきっちり下げ戻して何もなかったような状況になりました。来週以降の相場考察です。
トレード

ドル高方向への動きが続いています。来週は米雇用統計。

ドル高方向に動いたのは先週と同じですが、ユーロドルは横方向で米ドル円は上方向。先週はユーロドルが下方向で米ドル円が横方向。動きが見えた通貨ペアが逆になりました。どちらにせよドル高の方向に変わりはありません。
トレード

ユーロドルがダブルトップから下降。ドル高に動いた一週間

相場環境がリスクオン方向に動いた感じがします。クロス円は上方向に動いた通貨ペアが多いです。違うのはユーロ円とポンド円。どちらかといえば横方向に動いています。EU圏はまだまだ問題ありでしょうか。
2019.11.23
トレード

ファンダメンタルズの相場への影響力は大きい|9月のトレード成果

米雇用統計もありましたがEU圏も経済指標の発表で流れが決まった一週間に感じました。要人発言もそうですが、ファンダメンタルズで方向性がコロコロ変わっています。
トレード

米雇用統計後は若干下方向のユーロドル。この後はECB政策金利発表

英国議会の動きや米雇用統計などがあった一週間でした。ユーロドルはそれなりに動きましたが、米ドル円は思ったほど動かなかった印象です。来週も引き続きブレグジット絡みでいろいろありそうです。ECBの政策金利発表もあります。更なる緩和策を打ち出してくるのでしょうか。
ビシノキをフォローよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました