突然動き出したユーロドルに乗り遅れました。ユーロドルは再び下降中

スポンサーリンク
2018年11月19日から一週間のユーロドル1時間足チャート トレード

2018年11月19日から一週間のトレード成果

プラス  60PIPS
マイナス 20PIPS

トータル プラス40PIPS

ユーロドル1時間足チャート

2018年11月19日から一週間のユーロドル1時間足チャート

金曜日(16日)の日本時間まではほとんど動きがなかったといっていいユーロドルですが、ヨーロッパ時間に入ってから急に下降を始めて直近安値も下抜いていきました。

日本は祝日、アメリカも休場明けで翌日からは休みとあって「今週はもう動かないだろう」と思い金曜日は午前中こそチャートを見ていましたが、午後からは本を読んだりDVDを観たりでチャートの確認を始めたのは22時すぎからになりました。

チャートをみたら長~い陰線が目に入ってきて、あわててチャート分析をして飛び乗りに近い形でエントリーしました。なんとか20PIPS弱とれましたが先週からの流れで戻り売りのチャンスを待っていたのですが、ものの見事に見逃してしまいました。

ユーロドルは下向きの流れに戻ったとみていいと思います。ただ1.120まで下降するかどうかは微妙だと思います。

直近で1.120付近まで下降した時もその後は1.14まで上昇していったように1.13を下回ると買いの勢力も強くなってきます。

直近の上昇で1.14付近で売りでポジションを持った人達にとっても、1.13を下抜いてくると利益確定を考え始めてもいい頃合いになるので利確の買い注文が入ってきます。

そしてチャートパターン的にも日足で見ると1.13で下降が止まり上昇していけば逆ヘッドアンドショルダーが期待できます。

個人的には1.13からの反発上昇期待でトレードするつもりです。ただしどんな時でもそうなのですが決めつけはしないでチャートの形が確定してルールに嵌ったらエントリーしていくのは忘れないようにしたいと思います。

コメント

スポンサーリンク