米ドル円は上昇中。ユーロドルは下降中。リスクオフでユーロ売り?

米ドル円が現在(2018年10月24日21時)は上昇していますが、4時間足でみるとレンジ相場のような展開になっています。

2度ほど111.95付近を底にした下ヒゲで戻して、上は112.70近辺でしょうか。高値は更新しているのですが、安値はほぼ同値。ユーロ売りが目立つ展開です。

米ドル買い、円買い、ユーロ売り。リスクオフなのでしょうか?

米ドル円1時間足チャート

2018年10月24日米ドル円1時間足チャート

今週は出入りの激しいトレードが続いています。どうも損切り幅が狭すぎるのか、損切りに引っかかってから狙いの方向に伸びていく。そしてまた逆方向へと動く繰り返しで、45PIPS勝って50PIPS負けるという現状です。

1時間足ではダウを形成しているように見えるので基本は買いで入っているのですが、上手く波にのれません。こういう時はトレードしないのが一番。なのですがついついエントリールールにはまるとトレードしてしまいます。

突然トレードとは違う話になってしまいますが、ここまで弱くなるほどユーロ圏の事情は良くないのでしょうか?

リスクオフで日本円が買われる。昔から思っていた事ですがこれが不思議でなりません。

表面的にみればとんでもない借金国の通貨がどうしてこれ程信用があるのでしょうか?リスクを避けるために借金大国の通貨に投資する。だったらリスクオフの今、不安のあるユーロにも投資すればいいんじゃないか?ホントによく分かりません。

FXとは関係があるのかないのか分からない話になってしまいましたが、昔から思っていた不思議です。今週の私のトレードも勝ってんだか負けてんだか訳が分からない展開が続いています。

イヤイヤ5PIPS負けてました

コメント

スポンサーリンク