米ドル円上昇 FXトレード成果(2018年9月24日~29日)1時間足チャート画像付き

スポンサーリンク
トレード

9月24日から一週間のトレード成果

プラス53PIPS
マイナス37PIPS

トータル

プラス16PIPS

ドル円1時間足チャート

 

先週も順調に上昇していった一週間になった。

要所要所でフラッグを作ってからのブレイク上昇という見本のような形を作ってくれたおかげで米ドル円はトレードがしやすい環境だったが、ここのところ所用に追われほとんどトレード時間が作れなかったのでIFO注文を使っていたための損切りが他通貨ペアでの取引で起きてしまい、37PIPSの損失を出してしまった。

この損失の後、ロウソク足はエントリーポイントを超えて伸びていったのでトレードの方向性は正しかったようだ。やはりチャートを見ながらのトレードのほうが利確も損切りも安定するし納得できる。

相場は米ドル高の環境になっている。ダウも最高値更新を続けている。日経平均も良い調子で推移している。なんか良い感じがそろい踏みなんだけど英国、米中関税問題、米国とトルコの関係など国際的な問題は何も解決されていない。正直先週もずっと「そろそろ急降下なんじゃないの」と疑り続けていた。

111.00でウロウロしていたところから113.70近辺まで270PIPS位の上昇をしている。週足でみればロウソク足も上ヒゲもなく上昇途中のような形で一週間を終わっている。まだ上はありそうなのでチャートの形を信じて上方向でトレード戦力を立てていこうと思う。

このまま週足、月足で上昇トレンドになるのかどうか。115.00はもうすぐそこまで来ている。

コメント

スポンサーリンク