一週間のトレード成果(2018年8月20日~25日)

8月20日から一週間のトレード検証

プラス 59PIPS

マイナス 120PIPS

トータル

マイナス61PIPS

ユーロ円60分足チャート

チャートだけ後から見るとロングでトレードしていれば勝っていた上昇相場だった。無意味な逆張りや損切り幅が狭すぎてのカット連発でマイナスが積み重なってしまった。トルコ絡みで下落した分を完全に戻した一週間になった。

4時間足や日足ではハッキリと分かる戻しの下落がなく一気の上昇になっている。週足ではダブルボトムに見えるチャートの形が出来つつある。

来週は押し目ができるのか、それともダブルボトムを形成してネックラインを上回ってくるのか。ネックラインまではまだ300PIPS位はあるのでダブルボトムと決めつけるのは危険かもしれない。週足の21MAで頭を抑えられるような形で一週間を終了しているので、ここを超えてきたら上目線、それまでは押し目を作る事を頭に入れてチャートパターンを確認しながらの対応でいくつもり。

個人的な思い込みかもしれないが来週もこのまま上昇を続けてトレンドを作るとは思えない。解決していない不安要素がありすぎな気がする。そのためリスクオフによる円買いがまた再開する可能性も捨てきれない。まだしばらくは短期のトレードでいくつもり。

スポンサーリンク