8月15日のトレード(3回分)

8月15日

21時台

ユーロ円

125.60でショート

22時台

125.50で利確(プラス10PIPS

125.35でショート

125.24で利確(プラス11PIPS

23時台

ユーロ円

125.18でショート

125.24で利確(プラス11PIPS

トータル プラス32PIPS

普段は60分足でエントリーポイントを判断しているのだが、夕方から下落の流れが強くなっていたので5分足でスキャルピングのようなトレードをしてみた。

21MAと水平線付近でのロウソク足の動きでエントリーするのは同じだが、利確は10PIPSを目安に伸ばせそうならキープ、ロウソク足の動きと形が悪かったら利確するというルールでトレードしてみた。損切りは10PIPSで固定して一回負けたらこのルールでのトレードは終了する事とした。

結果は3時間の間で3回トレードして全勝。ユーロ円の売りでエントリーするという条件で始めた為にその後は特にチャンスがなくトレードを終了した。トータルで32PIPSの利益なので基本的には良いトレードだったと思える。

ただ、たらればの話になってしまうが最初にエントリーした125.60から最後の利確ポイントの125.24までポジションを持ち続けていれば、36PIPSの利幅だった。もっというと125.00まで下落するのを確認しているので上手くすれば60PIPS取れていたかもしれない。ちなみに何時もの60分足でのルールで考えるとエントリーのタイミングはなかったので利益も損失も0だった。

プラスの利益で終れたので良しとするがチャートを見ながらトレードをする事を考えると、私の場合は60分足では少しトレードチャンスが少ないような気がする。IFO注文ばかりになってしまう理由の一つかもしれない。
今後5分足でのトレードも増やしてみて検証していきたいと思う。

スポンサーリンク