6月25日のトレード①

スポンサーリンク

6月25日

14時台

ドル円

109.43で売り(利確40PIPS、損切り20PIPS)

IFO注文。今週は下に窓開けスタート。その後窓を埋めてから下落。45PIPSくらい下落したのち60分足でフラッグになりそうな動きをしていた為、その後はチャートをみれない事からIFO注文をいれておいた。

朝からの下落で21MAから離れてはいたが、下落の勢いが強いと判断。60分足直近安値は109.55。このラインで支えられてまた下落していくというシナリオ。利確は下げ始めれば109まで届くと判断。損切りは5分足でもめていた箇所が約20PIPS上だった為、こちらに設定。

20時台

109.62で損切り

マイナス19PIPS

60分足の21MAから離れて大きく下落していた、ボリンジャーバンドの2σにもタッチしていた場面でのエントリーになってしまった。ブレイクアウト狙いだったのだが、10PIPSすら落ちない状況だった。4時間足でみると随分前に109.37でひげで戻している陽線のロウソク足があり、その後上昇していた。気づいてはいたのだが下落の勢いがあったので、そこは引っかからずに落ちていくと判断していたがダメだった。今は4時間足でも戻りだしている。IFO注文はエントリーの瞬間を見ていられない時に利用しますが、見ていたらエントリーしないポイントも多々あるので要注意なのですが、今回がまさにそれでした。

スポンサーリンク