6月18日~21日のトレード(ダメな一例)

スポンサーリンク

ワールドカップをみるので忙しい夜を過ごす事が分かっていたので、日足ベースでIFO注文をだしておきました。

6月18日

22時台

ドル円

110.485で買い(利確150PIPS、損切り150PIPS)

IFO注文。

6月21日

14時台 110・685で利確

プラス20PIPS

普段からこんなトレードをしていたら、速攻破産してしまいます。まぁロットはかなり少なくしておきましたので、損切りしたとしても金額的にはダメージは少ないのですが、いわゆるポジポジ病です。

この週はワールドカップをみる事がメインになっていたので、チャートを確認したのが利確の2時間前くらいだったと思います。チャートをみてみるとエントリー後から下落しており、普段なら速攻損切りしなければいけないポジションだったのですが、幸か不幸かワールドカップに夢中でチャートをみておらず、いざチャートを確認すると一時的に110.70付近まで盛り返している・・・・・・速攻利確しました。

チャートをみて、分析して、シナリオを立てて、エントリーポイントを確定して、利確、損切りを決める。損切りは動かさない。すべては自分で決めたルールの通りに。分かってはいるのですが・・・

こういったラッキートレードは残さないほうが良いかなと思いましたが、戒めのためにも書いておこうと思います。

スポンサーリンク